ごあいさつ

2019年4月、霧島市隼人にご縁を頂き、開業させていただくこととなりました。小さい頃は小児喘息など持病を持ち病弱で病院によくお世話になっていました。祖父は町医者として92歳まで、また父も鹿児島市立病院で外科医として地域医療に従事してきた姿を見て、医師を志しました。鹿児島県立甲南高校を卒業後、大学へ進学、卒業後は、鹿児島に戻りました。鹿児島大学第二内科に所属し、鹿児島県立大島病院、隼人町立医師会医療センター(現;霧島市立医師会医療センター)にて内科研修を行いました。その後鹿児島大学病院、今村病院分院で糖尿病の専門研修を行い、糖尿病専門医を取得いたしました。また2012年4月からは鹿児島大学糖尿病・内分泌内科にて教官として学生・研修医教育にも従事し、病棟医長・外来医長をつとめてまいりました。

近年、40歳以上で3-4人に1人が糖尿病と言われます。しかし治療の難しさも有り、自覚症状に乏しいままに、合併症による失明、透析、また心筋梗塞、脳梗塞を発症し、日常生活の質の低下に繋がっていきます。

専門医のニーズは高まっていますが、霧島・姶良地区においては少なく、2004年11月より霧島市立医師会医療センター糖尿病専門外来を14年以上担当させて頂いている霧島・姶良地区の皆様に今後も貢献したく、開業を決意いたしました。

糖尿病を含めた生活習慣病(高血圧・高コレステロール血症・高尿酸血症など)を中心に、内科一般も診療させて頂き、皆様が笑顔で、健康に、長く過ごせるように少しでもお役に立てたら思います。

糖尿病治療方針
きくち内科・糖尿病クリニック院長 菊池 晃Kikuchi akira

院長プロフィール

1998年大分大学医学部卒業
1998年鹿児島大学第二内科入局
(現:消化器疾患・生活習慣病学)
2000〜2002年隼人町立医師会医療センター
(現:霧島市立医師会医療センター)
2003年、2008年今村病院分院 糖尿病内科
2012〜2017年鹿児島大学 糖尿病・内分泌内科
特任助教(病棟医長・外来医長)
2017年〜現在青雲会病院 糖尿病専門外来
2004年〜現在霧島市立医師会医療センター
糖尿病専門外来

日本糖尿病学会 糖尿病専門医 日本内科学会 認定内科医